かじいたかしのブログ

皆さんこんばんは、かじいたかしです。

さて……いきなりですが本題いきます。
このブログについて。
いままで半年くらい週1更新をしてきましたが、今後は不定期での更新とさせて下さい。

すみません、正直、書くネタがなくて……(言い訳)
新刊の発売直前とかはわりと書くこともあるんですけど、それ以外の時期はなかなかきつい。
趣味のことや雑記をたくさん書かれる作家さんもいらっしゃると思うんですが、
そういうのはTwitterで呟くほうがいいと思いまして。

Twitter

日々のことはTwitterでつぶやいて、
ブログは著作のアーカイブ的な使い方をしたり、
まとまった文章のせる場として使ったりするのがベストかなと思っております。

このブログは不定期更新になりますが、
今後もかじいたかしをよろしくお願いします!

Amazonリンク
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 3 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 2 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)
2019.05.05 18:31 | 告知 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんばんは、かじいたかしです。
暑くなったり寒くなったりするゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
自分はかわりばえなく、原稿書いたりなんやかんやしたりしております。

おそらくこれが平成ラストの更新になります。

平成時代はお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
令和になっても、よろしくお願いします。

c123.png

イチャ錬4巻は初稿を書き上げました。
問題なければ●月に出ます。
楽しい巻になるのではないかと思いますので、お楽しみに。

その他、過去のシリーズも
全て電子書籍化されていますので、
ご興味あればぜひ手にとってみてください。

imokan1.jpg
shakuten_cover_fix.jpg

だいたいこういう記事だと平成を振り返るのだと思いますが、
ちょっといまじっくりそれを書いている余裕がないので、
いずれ何かの機会で。

ただの挨拶だけになっちゃいますが、今後もかじいたかしをよろしくお願いします!

Amazonリンク
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 3 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 2 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)







2019.04.27 23:56 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さん、こんにちは。
かじいたかしです。

いま、イチャ錬4巻の原稿が追い込み状態となっております。
だいたいこの時期はしんどいです。うあああああっとなります。
で、うわあああと執筆しつつ、あらためて既刊を読み直したりするんですが……

1巻っていま読むとだいぶ落ち着いてますね。

書いてる自分はそれなりにわいわいやってたつもりなんですけど、
キャラが少ないせいか、あんまり騒がしくないというか。
2巻、3巻……とキャラが増えるにつれ、だんだん賑やかさが増していった感じですね。

0RGaahJd_400x400.jpg
この子の言動も1巻の頃はまだ常識的だった……。

賑やかなことがいいとは言いませんが、自分が思っていた以上に落ち着いていたので、
あーこんなだったか、となりました。

じゃあ4巻はどうなのか?

それは読んでご判断いただければ……。
今からだとそこまでは遠くはない時期に発売予定ですので、お楽しみに。

Amazonリンク
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 3 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 2 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)
2019.04.21 15:50 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは。
かじいたかしです。

すみません今週のブログはほぼお休みいたします。

言い訳その1 ネタがない
言い訳その2 忙しい

いやまじでそうなんですよ……。
よく忙しいのは時間管理がなってないからと言うけど、
いろいろ重なっちゃうときは重なっちゃうのだよね……。

ということで、しばらくこんな感じになると思いますが、
生存報告兼ねてツイッターは更新しますんで(あっちも大したことつぶやきませんが)よろしくお願いします。

Amazonリンク
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 3 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 2 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)
2019.04.14 13:02 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんばんは。
かじいたかしです。

もう1週間もたっちゃいましたが、新年号が令和になりましたね。
ツイッターでもつぶやきましたけど、けっこうなラノベ作家さんが
平成⇒令和と時代をまたいで活動することになる。自分もそうなる(はず)ですが、
なんというかこう……「時代をまたぐ」これだけで意味もなくワクワクすることがあります笑

なお……
令和時代のラノベはどうなっていくのか?

いくつか予想してますが、
真面目にひとつ言うと、インディーズがもっと盛んになるかなと思っています。

どの業界もそうですけど二極化するかなと。
出版社が宣伝などにもお金をかけたタイトルと、
クリエイターが個人で世に出す手作りのタイトルにわかれていく。

電子書籍なら在庫を抱えるリスクもないですし、絵師さんに依頼するお金をパトロンサイトで集めて、
商業にまったく引けをとらないラノベを(電子ではありますが)個人で発表する……
みたいな流れも今より本格化していくんじゃないですかね?

あるいは各種サイトで連載して、支援してもらう……それだけで食っていける状況も増えるかもです。
文章だと支援受けるのって厳しいですけど(絵描けたら違うんですけどね)、
今後ウェブで小説を発表して収益化できるシステムはさらに整っていくでしょうし。

で、仮にこういう流れになったとして、デメリットは特にないですが……
以前だったら商業で活躍できた人が、非商業にとどまっちゃうというのはあるかもしれない。
ただそれがデメリットかというとそうとは言えないし……。いいことしかないかな?

大した予想じゃない上に大外しする可能性もありますが……
どんな形であれ創作で生きていける道が増えるのは良いことなので、
ぜひインディーズラノベがもっともっと盛り上がって欲しいと思います。
(お前はやらないのか? そのうちやるかもです)

Amazonリンク
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 3 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 2 (HJ文庫)

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)
2019.04.07 18:19 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |